単衣小紋

  • 2019.04.25 Thursday
  • 17:04

JUGEMテーマ:着物日和

 

 

 

4月後半ともなると、

20度越えどころか真夏日を思わせる暑さ。

着物愛好家にとっては、悩める季節となりました。
 

 

ほんの10年前までは、

正しく6月と9月の単衣を楽しんでいましたが、

このところの地球温暖化が影響して、

単衣を着る期間が長くなっています。
 

 

4月いっぱいは袷で頑張り、

5月の単衣を待ちかねている状態。

気温によっては、4月後半〜6月までと、
残暑厳しい9月〜10月も、

単衣でやり過ごすようになりました。

という訳で、
 

年に4ヶ月以上も単衣の出番があるとなると、
ちゃんとした場面に着られる「柔らか物」が欲しくなり、

 




 

 

切嵌め風寄せ柄の江戸小紋
源氏香図を織り出した九寸名古屋を新調。

 




江戸小紋三役の「鮫」と「行儀」の他に
「渦巻き」「霰」「亀甲」といった紋様も入っています。

創作紋様が入っていないのが気に入りました。

5月は画像の名古屋帯で爽やかに。
6月は絽の帯に変えて涼しげに。

9月になると、厚地の紬帯も良さそうです。
10月はワントーン系でグレーや黒地の帯に合わせたい。

「着物一枚に帯三本」とは、良く言ったものですね。

あとは、帯揚げ 帯締めをどうしよう ・・・

色々考えている時間は楽しいけど、

そろそろ着物の断捨離も考えないといけない年頃なのに、

 

何かと理由をつけて、

あれもこれもと欲が出てしまうのには、正直参ります。







 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM